2013年9月29日(日曜日) 北部地区薬剤師会 在宅医療公開講座

 

 平成25年9月29日、ホテルゆがふいんおきなわにて北部地区薬剤師会「在宅医療公開講座」が開催されました。今回、日本薬剤師会地域・在宅医療委員会委員の川添哲嗣先生を特別講演の講師としてお招きし、「多職種連携による在宅支援~実例と薬剤師の役割~」についてご講演いただきました。また、「つながろう!多職種連携による在宅支援」というテーマで、北部地区の医師会、歯科医師会、薬剤師会、訪問看護師、介護支援専門員、訪問介護員、名護市地域包括支援センターの各代表7名による現状報告、事例報告が行われました。当会システム委員長の屋嘉比康作先生より、『在宅患者情報共有システムを使った多職種連携への提案』についてご講演いただきました。講演終了後、大橋得二先生をコーディネーターとして川添先生を交え、北部地区で在宅医療、介護に係る職種の7名の方々と共に、今後の在宅分野における多職種連携の在り方を考えるシンポジウムが開催されました。薬剤師の先生方をはじめ介護職員の多くの皆様にご参加いただき、活発な意見が交わされ大変有意義なシンポジウムとなりました。

 

DSCF3084.jpg

kod.jpg

shinpo3.jpg

DSCF3306.jpg